幼児、子ども向けの図書、保育絵本の出版会社。あかちゃんずかん、知育絵本、幼年童話、科学絵本、その他豊富な絵本を取り扱い。インターネット通販も行っています。

 トップページ  本の検索
8月上旬
海外の絵本
パパと怒り鬼  ―話してごらん、だれかに―
パパと怒り鬼  ―話してごらん、だれかに―

本の感想を受付中!(書く)

対象年齢:5、6歳から
作/グロー・ダーレ 絵/スヴァイン・ニーフース 共訳/大島かおり 青木順子
サイズ: 25×24cm
ISBN 978-4-89325-941-7
全国学校図書館協議会選定図書
日本子どもの本研究会選定図書
定価:1,944円
(本体1,800円+税)
→ お申し込みの方法

ひさかたチャイルド以外で注文する場合は
外部リンクAmazon で注文が可能です。

内容の紹介


  
  

DV(ドメスティック・バイオレンス)を子どもの視点からとらえたノルウェーの絵本。


ぼくは、ボイ。パパとママの3人で暮らしている。でも、ぼくとママはいつもパパの機嫌を気にしている。ある日のこと、パパの様子がおかしい。ママはぼくに「静かにするのよ」って言う。パパどうしちゃったの。ぼくが何かしたの? パパ怒っているの?「怒ってなんかいないぞ」とげとげした声でパパが言う。パパのなかの「怒り鬼」が大きくなって、パパはもうパパじゃなくなる。そしてとうとう、ぼくを守ろうと立ちはだかるママに「怒り鬼」はどんどん近づいて……


パパと怒り


パパが暴力をふるうのは「自分が悪い子だから」と考え、家の事はしゃべってはいけないと辛抱していたボイでしたが、ある日、「誰かに話してごらん」と風や木や小鳥たちにはげまされ、王様に手紙を書くことで、物語は大きく展開していきます。この作品は、「悪いのは暴力をふるう大人のほう」というメッセージを伝えるとともに、DVに対しては、周りが早く気づいてあげること、がまんしないで助けを求めてもいいこと、そして暴力をふるう当事者自身が変わる努力をしなければならないことを訴えかけています。


パパと怒り2


ノルウェー文化省・教会省「児童文学賞」受賞作品。原作は、2009年に映画化(日本公開タイトル「アングリーマン」)され、広島国際アニメーションフェスティバルでグランプリを獲得したのをはじめ、世界各国で高い評価を受けています。





この本の読者感想

本の感想は、まだありません。
あなたの感想をお待ちしております!

本の感想を受付中!(書く)


〒112-0002 東京都文京区小石川4-16-9-207
電話番号:03-3813-7726 / FAX番号:03-3818-4970
Copyright (c) Hisakata Child. All Rights Reserved.