幼児、子ども向けの図書、保育絵本の出版会社。あかちゃんずかん、知育絵本、幼年童話、科学絵本、その他豊富な絵本を取り扱い。インターネット通販も行っています。

 トップページ  本の感想 本の感想紹介

本の感想紹介

 
ひさかたチャイルドに投稿された、本の感想をご紹介しています。
ひさかたチャイルドの絵本をお読みになられた方たちの声を多くの方にご紹介したいと思います。
これから本のご購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
  • ぴよ 様46歳

    3歳の娘が、「迷路」と「まちがいさがし」が大好きなので旅行先で使うのに、購入しました。
    ペンで書いて、ティッシュなどで消して何度でも使えます。JRや飛行機内などで、遊ばせておけるので、便利です。絵の色使いもきれいで、お勧めです。

  • バイル 様42歳

    姉妹で大好きな絵本です。歌に合わせてページをめくると、体でリズムを取りながら楽しそうに見ています。1歳の妹の方は「パンパン」と言ってお気に入りのこの絵本を持ってきて、満足するまで何度も繰り返し歌って読んでます。かわいらしい鬼や動物たちの挿し絵も小さい子向けです。
  • こはなぽ 様38歳

     うちの子は、お寿司が大好きで、回転寿しよく行きます。大好きなお寿司の本ということで、通販で内容を知らずに購入しましたが、大当たりでした。お寿司が出来上がるまでな過程が、写真でわかりやすく書いてあります。また、へいおまちのフレーズで、お寿司がでてくるテンポの良さも子供たちは大好きです。魚に、興味をも ...続きを読む
    ち、水族館へ行くきっかけにもなりました。裏表紙の、お茶の写真も最後笑わせてくれます。また、違うシリーズを買いたいと思わせる作品でした。
  • じゅん 様49歳

    まず、読む側にとって大変有り難かったのは、文字が大きいことです。
    スムーズにおはなしの進行が出来ました。
    そして、コミュニケーションを取りながら読める歌もストーリー中に入っており、こどもと楽しくおかいものが出来ます。
    最後は・・食育の勉強にもなりました。
    おはなしにスポッと入れる体感型絵本( ...続きを読む
    ?)にとても心があたたかくなりました。
  • coffee 様37歳

    ボンとハレトモが自分たちも楽しみながらみんなを笑顔に変えていく素敵な冒険。絵本は大人になった今も時に大事なことを教えてくれたり思い出させてくれますが、この絵本の中の肖像画はそれを物語ってくれているようです。夢中で読み終えて気持ちがあったかくなって、よしっ私もガンバロウ〜そんな気持ちにさせてもらいまし ...続きを読む
    た。嬉しい1冊をありがとうございます。すみずみまでたくさんの人、モノが描かれていますので小さな発見もあり楽しいです。
  • たまごパン 様37歳

    以前からuwabamiさんのホームページで気になっていたボンとハレトモが絵本になるというので前々から首をながーくして待ってましたー!
    超有名なアートの中に飛び込んだ2人と一緒に名画の世界を大冒険。
    ユーモアたっぷりに描かれた超有名アートの世界からは楽しいおしゃべりが聞こえてきそう!
    アートは取 ...続きを読む
    っつきにくいと思ってる人にこそオススメかもと思いました。
    この絵本を読んだら、何だかアートと仲良くなれそうな気になっちゃうこと請け合いですよー。
    それから個人的にはボンの丸くぽってりしたフォルムがたまりません。。。
    かわいくて転げ回りたくなるくらいです。
    いろんな動きをしているボンも見どころといって差し支えないかと思います!
  • kuronobu 様45歳

    事前に募集をして絵本の中にエキストラとして登場出来る企画が斬新!!
    絵本の中には隠れゲストがいて、探すのも面白い!
    ボンが、しぶしぶビスケットを出す姿が好きです。
    続編が出るといいな!
  • こじこじ 様23歳

    とにかく絵がかわいい。色んなポーズ、表情のキャラクターがいて面白かったです。
    日本では美術館は喋らず静かに眺めるもの。でも、海外ではそうとも限らず、楽しみ方は人それぞれというところもハッとさせられました。
    モナ・リザや考える人も、みんな私たちと同じ人間だと思える内容も、美術品を異次元のものとして ...続きを読む
    捉えるのではなく、身近な存在として感じることができました。
  • すわこ 様41歳

    絵本のなかに入れるなんて、それも家族一緒に!

    絵本は私がいなくなったとしてもずっとずっと生き続けるのですね、
    想像したら感激で泣けてきました。
    素敵な企画をされたひさかたチャイルドさんと、uwabami先生には
    感謝してもしきれない素敵な出来事となりました。

    そして、手元に届いた絵 ...続きを読む
    本。
    まさに開く時に私の脳内では「しゅばばばばばば!」と鳴り響きました。
     
    生き生きと動き出すボンとハレトモ、躍動感いっぱいでじっくり読みたいのに
    早く、早くとページをめくりたくなる展開。

    手元に届いたその日から大切に、それでもなんども読み返し、
    宝物として飾ってあります。
    次女は今年卒園となりますが、私はこの本を寄付しようと思っています。
    我が幼稚園の子供たちの素敵な一冊になることでしょう。
  • ハレヒコ 様26歳

    キャラストレーションでおなじみのuwabamiさんが絵本を出すというのでとても楽しみにしていました!
    美術館に訪れたボンとハレトモが展示作品のアレヤコレヤに巻き込まれながら「美術館を冒険する」というおはなし。冒険のワクワクがありながらも、美術作品に触れた時の不思議体験ができるという、一石二鳥のよう ...続きを読む
    な絵本でした。まさに大人も子ども楽しめる内容でした!
    見開き1面にたくさん描からた人物(人じゃない生命体も!)も、ひとりひとりが躍動感ある動きやポーズをしていて、ずーっと見ていて本当にあきることがありません。大人がそうなのだから子どもなんてどんなに楽しいことか、、!
    2作目ならず、シリーズ化を期待してます!!
  • ねこ 様40歳

    わずか27ページの絵本でヘレンケラーの生い立ち、サリバン先生との出会い、ヘレンの言葉(知性)の獲得など…やさしい内容ですが大事なことが書かれていて、子どもでもわかりやすいと思いました。
    挿絵も真っ暗闇の中の少女が、井戸で水をさわるシーンまで心の中が変化していく様子がとてもうまく表現されていて心に残 ...続きを読む
    りました。最後の年表も分かりやすく良かったです。
  • えれな 様46歳

    さわったり、ゆすったり、魔法をかけながら、ページをめくっていく絵本ならではのワクワクドキドキ感はたまらないです。
    魔法をかけるのは子どもの発想力でアレンジ!
    毎回、違った楽しみ方で読めます。
    保育園では絵本を参考に、パネルシアターにして展開していくのも子どもたちと一緒に楽しめ、かなり盛り上がり ...続きを読む
    ました。
  • えれな 様46歳

    学校ってどんなところかな?
    勉強はできるかな?
    はじめて学校に行くのは
    子どもも親も不安でいっぱい。
    でも、新しい事はワクワクして
    とっても素敵な事だと
    ピートが子どもたちの心を支えてくれます!
    『はじめてのがっこう』
    YouTubeで歌と朗読が聴けます!
    6歳児の朗読が素晴らしの ...続きを読む
    も必聴!
    『ねこのピート』公式ホームページでは
    ピートの世界が楽しめますょ。
  • えれな 様46歳

    色んな事に興味津々な幼児期にオススメな一冊!
    お気に入りのシャツを着るという、ワクワクな気持ち。
    でも、ボタンが一つ一つなくなっていく現実。
    けれども、新しい発見があったり
    前向きに進むことの大切さ、
    まるで人生論を、この一冊の絵本を通じて
    ピートが子どもたちに
    教えてくれているように ...続きを読む
    思います。
    形あるものはなくなるものだけど
    それには、ちゃんと意味がある。
    絵本の中で、ピートが新しい発見をするシーンには
    子どもたち、ひとりひとりが感じる個性を
    伸ばせていけるヒントがあるのではと感じます。
  • えれな 様46歳

    よるの時間は子どもたちにとれば
    とても新鮮で、ページをめくるたび興味津々。
    表情も豊かに、目の輝きが素晴らしかったです。
    流れ星に願いを込めて、お祈り。
    朝が訪れるページでは、清々しい気持ちになれたと
    話してくれました。
    神秘的な夜の世界を共感できたり
    子どもの心のトビラがひらき
     ...続きを読む
    どもに寄り添える時間が送れた
    素晴らしい絵本と出会え
    幸せな時間を送ることができています。
  • わかさん 様1歳

    ようかいたいそうがおもしろかったです。
  • とこ 様34歳

    子供が大好きな、犬の本を探しに図書館へ。しかしじっとしていられない1歳半の子供となかなか探せれず、お勧めの犬の本を職員さんに聞くとこちらを紹介されました。子供がすぐさま響き渡る声で『ワンワーン!』と大歓声。
    借りて帰り毎日何回も何回も読んで欲しがります。気に入ったので以降探し回りましたが書店では見 ...続きを読む
    つからずネット購入。
    優しい絵柄にわかりやすい季節。
    小さな虫や生き物が描かれていて一緒に蟻さんを探してみたり蝶々さんを探したりと春を待ち遠しくなる一冊です。
  • ココナッツクリーム 様16歳

    ライト兄弟の決意がよくわかった
  • まなママ 様39歳

    いつも絵本を最初から最後まで集中して聞けない娘が、この本は最初から最後まで聞けています。
    バスに次々と自分も知ってる食べ物が乗って行くのが楽しいようです。
    何度も読んでと言われて、少し大変ですが、これをきっかけに本を読む楽しさに気づいてもらいたいので頑張って読みます。
  • kimiegangi 様54歳

     このお話との出会いは20年以上前、平成6年に息子が保育園から持ち帰った「月刊のお話チャイルド」です。一読して大ファンになりました。
     まず、「手の形だけが違う」というシンプルさ。そして、表紙から結末までを貫く「つながる」というテーマ。それに加えて、ちょっとした仕掛けもあり、可愛くて優しい絵のタッ ...続きを読む
    チが、読む者の心を楽しく温かくします。人との違いを受け入れ、工夫することで仲良くなれる。幸せになれる。小さい子供にも人権感覚が、ごく自然にすっと入っていく物語です。
     「三宅保子 作」として出版され、その後18年間絶版になっていましたが、その間も小学生や幼稚園の子どもたちにずっと読み聞かせを続けてきました。
     ハードカバーとして出版されたことはこの上ない喜びです。再販が叶った今、次はロングセラーを目指して自主宣伝活動を続けています。
     「凸凹ぼしものがたり」は、これからもずっとずっと読み続けていきたい、一人でも多くの子どもたちに届けたい「私の宝物」の一冊です。

〒112-0002 東京都文京区小石川4-16-9-207
電話番号:03-3813-7726 / FAX番号:03-3818-4970
Copyright (c) Hisakata Child. All Rights Reserved.